「パワポでも画像を作成できるって知ってた?」画像の作成から保存方法までの流れを解説!

「パワポでも画像を作成できるって知ってた?」画像の作成から保存方法までの流れを解説!

おおきに!まめもんです!

今回の記事は…
  • PowerPointのスライドを画像で保存したい
  • パワポでブログのアイキャッチ画像や記事内画像を作成したい

という方向けに発信いたします!

できるだけわかりやすく、スライドで画像を作成する際に必須のポイントをしっかりおさえて紹介しております!

(当記事の説明に利用しているPowerPointのバージョンは2013です)

1.PowerPointで画像作成するための準備

①グリッド線とガイドの表示

グリッド線とガイドにチェックを入れる

①上部のタグ「表示」をクリック

②「表示」の中の「グリッド線」「ガイド」にチェックをつける

グリッド線とガイドが表示

(画像では少しわかりにくいので、あえて背景を黒色にしています)

③グリッド線とガイドが表示されます

②スライドサイズの設定

スライドのサイズを変更

①タグの「デザイン」をクリック

「スライドのサイズ」をクリック

「ワイド画面(16:9)」をクリック

Wordpressの有料テンプレートSTORKの場合

アイキャッチや記事内画像は「ワイド画面(16:9)」でちょうどよいサイズでした

2.PowerPointで画像を作成

今回は実際にアイキャッチで使用しているこちらの画像をサンプルに、パワポでの画像の作成方法をご紹介します。

テーブル(表)をPC・スマホできれいに表示できるプラグイン「TablePress」

①素材を集める

パワポで画像を作成する方法は主に2種類あります。

  • 自分で描く
  • フリー素材などを集めて編集や組み合わせる

今回は後者をメインにして作成していきます。

フリー素材を集める

フリー素材は、ICOOON MONOというフリー素材のサイトからダウンロードして利用しています。

検索ボックスに「パソコン」と入力する

右上の検索ボックスで「パソコン」と入力し、右側の虫メガネマークをクリックorEnter

好きな画像をクリック

好きなパソコンの素材をクリックします。

パソコン素材の画面の部分に何か表示をさせたい場合(今回だとTablePressのアイコン)は、画面の部分が白い素材を選ぶことをおススメいたします。(理由は後ほど説明)

素材の色・サイズ・保存形式を変更

この画面では素材の色・サイズ・保存形式を変更することができます。

好きなカラーコードを設定

まずは好きな色(カラーコード)に変更します。黒色に変更

カラーコードがわからない方は、黒色に設定してみましょう。

PNGを選択してダウンロード

色の設定ができたら、素材の形式を選択してダウンロードします。

保存形式はPNG形式で保存します。

powerpointに戻る

PowerPointに戻って

①タグの「挿入」をクリック

②画像の「画像」をクリック

画像を挿入

ダウンロードした画像をクリック(またはダブルクリックで挿入)して「挿入」をクリック。

パソコンの画像を挿入

パソコンの画像が挿入されました。

画面をスクリーンショットして画像編集する

次はTablePressのアイコン素材を用意します。

今回は画面をスクリーンショットしてコピーし、それを貼り付けてトリミングする方法でやってみます。

tablepress検索

PowerPointを最小化し、Wordpressにてプラグイン追加でTablePressを検索します。

そして上記の画面の状態でキーボードのPrintScreenを押します。

PrintScreenってどこやねん

F12の右側にあります。

PrintScreen

ノートパソコンのキーボードは文字が略されており、PrtScを押すとスクリーンショットが可能です。

スクリーンショットを貼り付け

最小化したPowerPointを最大化し、CtrlVでスライドに画面のスクリーンショットを貼り付けます。

画面のスクリーンショットは、パソコンの素材の上に貼り付けて大丈夫です。

トリミングを選択

①上部右側にあるタブ「書式」をクリック

②右側に表示される「トリミング」をクリック

書式が表示されない…

書式変更する画像(スクリーンショットした画像)をクリックして選択すると表示されます

黒線を動かしてトリミング

「トリミング」をクリックすると、少しわかりづらいですが上下左右に太くて短い黒線が表示されるようになります。

これを上手くドラッグしてTablePressの画像の周りをトリミングします。

角にあるL字型の線を動かしてトリミングしても構いません。

黒線が小さくてドラッグしにくい!

Ctrlを押しながらマウスのスクロールボタンを動かすとスライドの拡大・縮小ができます

灰色がトリミングされる部分

トリミングする範囲を決めたら、スライドの外側を1回クリックします。

tablepressのアイコンを切り抜く

TablePressのアイコン画像だけ切り抜くことができました。

②素材を組み合わせる

パソコンの素材をスライドの中央に配置

パソコンの素材を拡大

まずパソコンの素材をクリックして選択し、キーボードのShiftを押しながらを外側にドラッグして拡大します。

拡大する目安はスライドの高さより少し小さめにおさめます。

左右中央揃え

上部のタブ「書式」をクリックし、右側にある「配置」をクリックします。

そしてプルダウンメニューで表示されたなかから、「左右中央揃え」をクリックして選択します。

左右中央揃えに設定

パソコンの素材がスライドの左右中央揃えになりました。

では、今度は上下中央揃えに設定してみます。

上下中央揃えを選択

先ほどと同じく、タブから「書式」を選択して「配置」をクリックして選択。

そして上下中央揃えをクリックします。

スライドの中央に配置

これでパソコンの素材がスライドの中央に配置されました。

では、解説の画像無しでTablePressのアイコンもパソコン素材の画面の中に配置してみましょう。

TablePressのアイコンをパソコン素材の画面の中に配置
TablePressの画像をパソコン素材の画面の枠に合わせて拡大し、左右中央揃えにしてパソコン素材の画面の中に配置してみましょう。

※上下中央揃えの設定は不要です

※TablePressのアイコンの余白(白い部分)がパソコン素材の画面からはみ出ても大丈夫です

トリミングした具合によってTablePressのアイコンに余白がある場合は、以下の設定を行います。

パソコン素材を右クリックします

「最前面へ移動」をクリックします

TablePressのアイコンの余白が消えました。

厳密には消えたのではなく、TablePressのアイコンがパソコンの素材の後ろ(背面)に移動しています。

スライドの背景色を変更する

背景の書式設定

①上部のタブ「デザイン」をクリック

②一番右側にある「背景の書式設定」をクリック

好きな色を選択

色のバケツみたいなアイコンの右側にある「▼」をクリックし、好きな色を選択します。

書式設定の画像を閉じる

背景色を変更したら右上の「×」をクリックして書式設定のメニューを閉じます。

スライドの背景色の変更ができました。

ただ、このままではパソコン素材の画面が筒抜けに見えてしまうので、今度は画面の背景だけを白色に編集してみます。

パソコン素材の画面を編集する

図形を挿入

①上部タグの「挿入」をクリック

「図形」をクリック

正方形、長方形をクリック

四角形のなかの「正方形/長方形」をクリックして選択。

画面のサイズに合わせて図形を描画

画面のサイズに合わせて図形をドラッグして描画します。

図形のスタイル

「書式」をクリックします

「図形のスタイル」の下矢印のマークをクリックします

黒枠線を選択

一番左上のデザイン(黒枠線)をクリックします。

もし左上に表示されない場合は、図形のスタイル枠内でスクロールor「▲」を何度かクリックしてみてください。

四角形の背景が白色

四角形の背景色が白くなりました。

またTablePressのアイコンが消えて見えていますが、上から

四角形→パソコン素材→TablePressのアイコン

の順に重なっている状態なので

パソコン素材→TablePressのアイコン→四角形

の順に変更します。

最背面へ移動

四角形の図形を選択した状態で

「書式」をクリック

「背面へ移動」「▼」をクリック

「最背面へ移動」をクリック

パソコン素材の画面の背景が白色

パソコン素材の画面の背景が白色になりました。

3.完成したPowerPointのスライドを画像形式で保存する

名前をつけて保存ウインドウ

キーボードのF12を押して名前をつけて保存ウインドウを表示します。

ファイルの種類を選択

保存先を選択し、

「ファイルの種類」をクリック

②「PNGポータブルネットワークグラフィック形式」をクリックして選択

ファイル名を入力して保存

ファイル名を入力して「保存」をクリック。

「エクスポートするスライドを指定してください」と表示された場合は、真ん中の「このスライドのみ」を選択してください。

これで、スライドをPNG形式で作成できました。

「パワポでも画像を作成できるって知ってた?」画像の作成から保存方法までの流れを解説!